ストレッチの続きの話 令和元年11月

こんにちは、ほほえみ治療院 主任の高野です。

 

このニュースレターありがたいことに楽しみにしていらっしゃる方も多いようで、ご感想をいただくこともあるんですね。それを励みに、どうせなら楽しく読めるものにしたいなと毎回、試行錯誤しながら書いています。

 

私が前回担当したときに覚えている方もいらっしゃるかもしれませんが、「ストレッチ」について書いたんですよ。

それについてもご感想をいただきまして

 

「これあなたが書いたんでしょ?文を書くの上手だね~。」「いえいえ、そんなことないですよー。」

と答えながらも心の中では全力でガッツポーズ。

 

 

そんなやりとりをしていると今度は、

 

「やっぱり毎日ストレッチとかしているんでしょ?」と

 

いや~、痛いところを突いてくるなぁと・・・

 

「アイドルはトイレに行かない」的な模範解答を意識するならば、

「もちろん!健康に関わる仕事に従事していますから毎日寝る間を惜しんでやっていますよ!」

ぐらい言うべきなのでしょうが、

「疲れたときはたくさん寝るようにしてますね(笑)」

などと答える自分に心が痛みます。

 

いやぁ、改めて文字にしてみるとなんとも情けないですね。

 

 

ただ、全く何もしていないかというとそうでもなくてですね。

皆さまと一緒に体操やらストレッチをしたり、あとは熱心に自分自身にケアするときは「これはやばいな」と感じたときですね。そういう時は、実験も兼ねて自分で対処しています。

 

たとえば、去年は左膝を痛めていました。一昨年は、右肩を痛めましたね。両方とも子どもと遊んでいるときにやってしまいました。

 

ふふふ、気付かなかったでしょう!?(←だれにいってんだか)

 

 

前述のとおり、どこか痛めたときは逆にチャンスだと思って自分自身を実験台にしています。あれこれ試してみるのですが、うまくいくこともあれば、いろいろやりすぎて余計に痛くなることもしばしば。

 

こうして得られた結果が、少しでも皆さまのお役に立てればなあと思いながらやっています。

 

 

さて!これを書いていたらなんだか疲れて肩も凝ってきました!今日は、たくさん寝る・・・前にストレッチをしてから寝るぞ!