大雪で大変でしたね

こんにちは、ほほえみ治療院 主任の高野です。

今年は、例年より寒い上に大雪で大変でしたね。新潟の雪に関して、田中角栄元首相は演説でこんなことを言ったそうです。

「三国峠をダイナマイトで吹っ飛ばすのであります。そうしますと、日本海の季節風は太平洋側に吹き抜けて越後に雪は降らなくなる。出てきた土砂は日本海に運んでいって埋め立てに使えば、佐渡とは陸続きになるのであります。」

吹っ飛ばすのであります(笑)とんでもなく豪快な考えですね!それぐらい昔から新潟は雪に困らされてきたのでしょう。

 

私もこの度の雪には、本当に困りました。車が出せないわ、道路は凍結、ガタガタしているわ、渋滞するわ、おかげで訪問時間に遅れに遅れてしまい…。その節は、皆さま本当にご迷惑をおかけしました。こんな時、少しでも早く訪問できるように、消雪パイプがある道を通ったり、なるべく混まないような道を考えて選ぶのですが…それでも間に合わず、泣く泣く、電話で遅れてしまうことを伝えるのです。すると、皆さま一様に「急がなくていいですから、運転に気をつけてください。」というような言葉をかけてくださいます。遅れてしまうというのに、お気遣いいただき本当にありがとうございます。皆さまのやさしさに心があたたまる思いです。焦っていたのですが、落ち着いて運転することができました。

 

話は変わりますが、私が遅れた理由の1つに人助けをしていたというのがあります。(自分で言うのもなんですが)

私の前にいた車が雪にハマって動けなくなったんですね。急いでいたのですが、知らない顔をして横を通りすぎることもできず、気が付けば他にも人が集まり、大の男3人で車を後ろから押していました。それでも、なかなか動かず…やっと抜け出せた!と思ったら、わざわざ車の窓を開けて「ありがとうございました!」とお礼を言ってくれたのです。車を停めて言うものだから、またハマるという(笑)「お礼はいいから、動いたらそのまま行ってください!」と再び押し出しました。実は私も、車が雪にハマった時、知らない人に助けていただいたことがあるのです。

 

因果応報。あの時、私を助けてくれた人も、巡り巡っていつか誰かに助けられ、今回、私が助けた人もいつか誰かを助けるのかもしれません。

困ったときはお互い様です。寒さや雪には困りましたが、その分、人の心のあたたかさに触れることができました。

人にやさしくされた分、誰かにやさしくできる、そんな気がします。

 

はて、スペースが余りましたな…汗 雪かきで疲れていますし、今回はこれで…ってダメですよね?

雪かきといえば、雪かき中も水分はしっかり補給するようにしてください。寒い中でも、せっせと重い雪を運んだりしていると大量の汗をかいています。気温が低いのに脱水状態となってしまうのですね。すると血がドロドロになっていくわけですから、下手すると血栓ができて心筋梗塞や脳梗塞などを発症し、命を落としてしまう方も珍しくありません。

 

室内にいても冬は、乾燥のため体表の水分が蒸発し、また喉の渇きを感じにくいため、気が付かないうちに水分不足ということも…。なので、冬でもこまめな水分補給をしてほしいなと思います。

 

春はもうすぐそこです!元気に春を迎えられるよう体調には気をつけましょう!