紙に書くと実現する?

100円ショップのスケッチブックが宝物

今年も、早いもので、もう年の瀬ですね。皆様お元気にお過ごしですか、院長の上杉です。昨年末に、計画を立てて、今年うまくいったこと、いかなかったこと。あんまり、後ろは、ふり返らない性格なのですが、一年をふり返ると、今年もいろいろありましたが、全体的にみると、とっても良かったな~。傘をなくしてしまったけど、サツマイモもいっぱい収穫できたし。(*´▽`*)

私は、計画を紙に書くのが好きです。なぜなら、結構、うまくいくからです。叶うか、叶わないか別にして、とにかく、その時、思い浮かぶやりたいことや、ほしいもの、なりたい自分の姿などを、ダダダーッと100円ショップのスケッチブックに書いてゆきます。かれこれ、10年以上こんなことを続けており、スケッチブックの数もかなり増えてきました。年末だけでなく、しょっちゅうこんなことをやっているんですよ。

過去をふりかえると

 

その中で、特に気に入ったものを別の紙に書き出して、写真を加えたり、絵にかいたりして、毎日見えるところに貼ってあります。いっつも同じようなことばかり書いてあるので、奥さんは、もちろんあきれていますし、私の考えることは、全てお見通しです。会社のホワイトボードや、カレンダーの裏紙にも公私混同でいろんなことを書きますので、社員の皆さんにも全てお見通しなのです。

たまに、過去に書かれたスケッチブックをパラパラとめくると、とっても面白いです。10年前の自分は、こんなことを考えていて、こんなことやりたかったんだなー。5年前の自分は、こんなことに悩んでいて、とっても焦っていたなー。2年前の自分は、あまりの忙しさに大事な右手首を壊してしまい、もうこれ以上、前に進めないと思ったっけな~。(*´ω`*)

今、思えば、たいしたことではないのですが、当時は、大げさに考えて、この先どうしようかと、真剣に悩んだものです。もしタイムマシーンに乗って、過去の自分に会って、何かを伝えるなら、「リラックスしていいよ。大丈夫だよ。」と伝えたい。その時は、じたばたするしかないんですけど、なるようになりますし、スケッチブックに書いた夢や目標も、不思議なぐらい叶っています。

 

今年は、計画を立てずに

毎年、この時期は、来年の計画を立てる時期なのですが、今回は、計画を立てません。来年は、「計画を立てないとどうなるのか、実験する年」にします。こわ~(*‘ω‘ *)こんなことして、いいのだろうか?地味~に、コツコツ進んでいく自分の性格に合うのだろうか?

ちょっと怖いですが、実験する理由は、計画を立てると、計画以上のことは起きないことが、この10年を通してわかってきたからです。ある意味、目標は自分を到達地点まで、運んでくれる一方で、そこから先へ進むのを制限するものにもなっていることが、最近なんとなく肌で感じられるのです。

今の自分は、この程度だから、このぐらい前に進めるなと、頭で勝手に判断して、本当は、もっと遠くまで行けるかもしれないのに、目標を達成すると満足してしまいます。はたして、計画を立てないで、一年を過ごすとどうなるのか?来年は、思いきって未知の世界にジャーンプ!

これからが、寒さの本番、皆様お体大切になさってくださいませ。社員一同、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。今年も、一年大変お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。