姿勢の重要性

サツマイモがとれました。

畑の方も草ぼうぼう、絶好調の上杉です。肥料もあげず、草取りもしないのに、なぜか、すくすく元気に育っています。収穫量は、他の畑よりも断然少ないのですが、変な苦みが無く、とってもおいしいんですよ!そろそろサツマイモの収穫時期です。果たして、できはどうかな~?

姿勢の重要性

私は、訪問治療もやっていますが、治療院でも施術を行っています。人間生きていると、ときどき肩が痛い、頭が痛い、腰が痛い、膝が痛い、首が、股関節が、肋骨が~・・・いろいろなところが痛くなりますよね。私も2年ほど前、大事な右の手首を痛めて、仕事もままならなくなった時がありました。不安で不安で仕方なく、この先どうしたらいいのか途方に暮れたことがあります。なので、患者さんのつら~いお気持ちはよ~くわかります。

治療院では、自費で来られる患者さんのために骨格矯正をやっています。私の行っている方法はとてもソフトでやり方で、体に負担をかけずにとっても安全なんですよ。こんなに軽い力でいいの~?って、力加減で治療を行っております。軽い力なので、初めての患者さんは驚かれますが、施術前後の体の違いを、皆さん実感されます。

また、実際に写真を撮って比較してみると、前かがみでまるまっていた背中がきがきれいに伸び、出ていたあごが引けて、開いていた骨盤が閉じ、顔色が良くなり、目がキラキラして5歳ぐらい若返ったような印象となります。施術を受けた方も、体が温かくなり、体がふわ~っと軽く感じらるんですよ。

体の軸が整うと、子供の頃のように体が軽く感じられるんですね。私たちは、年齢を重ねるうち、知らずに体をゆがめて使ってしまい、体の軸、背骨が狂ってきてしまいます。私もそうですけど、疲れてくると、どうしても背中が曲がってくるんですね。疲れると椅子に座りたくなり、座った姿勢もやっぱり丸くなってしまいます。おしりの下の方には、尾てい骨という骨があって、知らず知らずのうちに、まるまった姿勢が、この一番下の骨に負担をかけてしまいます。尾てい骨が押しつぶされて、曲がってしまうとその上にある背骨も影響をうけ、いろんな不定愁訴の原因にもなってしまうんです。

猫背になって座っていると、肋骨が下がり、呼吸が浅くなります。内臓は圧迫され、うまく働くことができません。あごが出て、首の後ろがこってきて、頭に行く血流が阻害されます。首の後ろには自律神経の中枢である、延髄、脳幹があり、心臓の鼓動や、呼吸、飲み込みなど生命にとって重要な働きがあります。

この大事な中枢がおかしくなってしまうと夜、横になっても、ぐっすり眠った感じはありませんし、疲れも取れません。呼吸も浅いので、夜中に何度も、目が覚めてしまうことも。全体的な体の代謝が落ちてしまうので、余計なところにぜい肉がついたりて・・・こんな状態が長年続いてしまったら、怖いですね~。

体の痛みは、注意信号です。このまま行くと大変ですよ。という体からのメッセージ、私たちは、体のメッセージの翻訳もしていますので、体が痛みを発してどうしたらいいか分からない時は、お気軽にご相談くださいね。寿命は年々、長くなっています。毎日、元気に過ごせるよう、体を大切に使ってゆきましょう!

  • 私「確かこの辺にあるはず。あった!」
  • 子供「でかっ、サツマイモ、ゲットだぜ!」
  • 奥さん「誰がこんなにたべるん?」私、子供「し~ん」

私「確かこの辺にあるはず。あった!」

子供「サツマイモ、ゲットだぜ!」

奥さん「誰がこんなにたべるん?」

私、子供「し~ん」