平成28年8月 お散歩

『お散歩』

 

こんにちは、ほほえみ治療院 主任の高野です

休みの日、夕方になると子どもと散歩に出かけます。これは妻に子どもから離れてゆっくりとおいしい夕飯を作ってもらうために、追い出され自ら進んで散歩に出るのです。

 

子どもをベビーカー(4万円)(>_<)に乗せて外を歩いていると、近所のおじいさん、おばあさんたちにけっこう話しかけられます。「男の子?」と聞かれること数回・・・娘よ、私に似たばっかりにすまん。いや、きっと服装のせいに違いない。次からはもっと女の子っぽいかわいい服を着せて散歩をしよう!

ちなみに向かいのお家のおばあさんには名前も覚えられ、すっかり顔なじみになりました。この前は、道端のベンチに座ってサボっていると、8ヶ月のお子さんを連れた若い人にも話しかけられました。なんでもこの辺で初めて同じように子どもを連れている人に会ったから思わず話しかけたそうな。

 

新津の人はみなさん本当にあたたかいですね。都会だと赤ちゃんを連れていようが、話しかけられることは無いのだろうなぁと勝手に思っています。(都会の方、すみません。)

みなさんのあたたかさに触れ、なんだかほっこりとした気分で家に帰るとおいしい夕飯がさらにおいしく感じるものです。

 

もし、私を見かけたら遠慮なく声をかけてくださいね!

 

 

『ドローイン』

現在、私は産後の体型を戻すため妻の専属トレーナーとして契約しています。成功報酬は秘密です。今回は、妻が行なっているエクササイズの中から負荷が軽いものを1つご紹介いたします。

 

それがタイトルの「ドローイン」です。横文字を見ると拒絶反応が出そうですが、簡単に言ってしまうとお腹をへこませるというものです。やり方は、図のように膝を立て寝転がって息を思いっきり吸い”フー”と息を吐き出しながらお腹をへこませます。この時にお腹の筋肉や脇腹がぎゅーと収縮していることを意識してみて下さい。お腹の上に手を置いて腹筋の動きを感じながらやってみるとわかりやすいですよトイレで小便を途中で止めるような感覚で骨盤底筋を収縮させるとより効果的です。また、反り腰による腰痛の緩和にも役に立ちます。

 

腹筋に限らず体幹を鍛えることは実はとても重要なことです。陸上選手は足だけでなく体幹も必ず鍛えます。足の力を発揮するには体幹がしっかり固定されている必要があるのです。上半身がグラグラ揺れていたら、足を速く動かすことはできませんよね。スポーツ選手のようなハードなトレーニングが要求されるわけではありませんが、体幹筋を強化することで自らベッドから起き上がることができるようになったり、歩行の安定性が向上し転倒予防にも繋がります。

 

ポイントは「続けなければ意味がない」ということです。ドローインは体幹を安定させる意識の初歩として非常に有効ですので、ぜひ続けてみてくださいね。