平成28年4月 春は出逢いと別れの季節

梅の花が満開ですね。もうすぐ桜も咲くころ。ほほえみ治療院 院長の上杉です。春は暖かくなり、心もウキウキしますが、出会いと別れの季節でもあります。このたび、長年一緒に頑張ってきました、石田が退職することとなりました。悲し~(T_T)代わって高橋が新しく入社しましたのでご報告いたします。(*^_^*)

 

「ありがとうございました。」

 

皆さま、こんにちは、ほほえみ治療院の石田浩子です。勤務してから、5年9か月になりますが、このたび3月末で家庭の事情により退職させていただくこととなりました。長い間、院長をはじめ治療院のスタッフの皆さんから、マッサージの技術もさることながら、接遇や仕事に対する姿勢など、多くのことを学ばせていただきました。

 

初めはとても大変でしたが、たくさんの患者様にお会いし、マッサージさせていただいたり、お話をさせていただく中で、訪問マッサージがとても素晴らしい仕事であると思うようになりました。しかし、どんな仕事でもそうですが、素晴らしいところだけでなく、この仕事にも厳しいところがあります。患者様を満足させられなかった場合、「技術が足りなかったのではないか」「患者様に不愉快な思いをさせてしまったのではないか」と自分の無力さを思い知らされる事も多々ありました。

 

けれども、こうして長い間つづけてこられたのは、素晴らしい患者さん達との出逢いがたくさんあったからです。中でもうれしかったのは、施術後に患者様から「先生のおかげで体が軽くなった」「なんだか走り出せそうな気がする」と笑顔でおっしゃっていただけたときです。この仕事をやっていて、本当に素晴らしいと思えた瞬間です。

振り返ってみると、良いときだけでなく、辛いときもありましたが、患者様、治療院のスタッフ、関係者の皆さま方と、実に多くの方々に支えられていたからこそ仕事ができたのだとおもいます。こうして、長い間、お仕事をさせて頂き、皆様への感謝の気持ちでいっぱいです。いままで、本当にありがとうございました。

 

「はじめまして。」

 

はじめまして、3月7日からほほえみ治療院に勤務することとなりました高橋明子です。出身は、自然豊でお米のおいしい、南魚沼市六日町です。

 

鍼、灸、あんまマッサージ指圧師免許取得のため新潟市の学校で学び、免許取得後、就職、結婚し、3男1女に恵まれました。共働きで仕事をしていましたが、平成22年に主人が病気のため47歳の誕生日を目前に他界してしまい、早くも5年の月日が経ちました。

 

主人も、子供達と、一緒に遊んだり、旅行に出かけたり、話したりして、もっとたくさん楽しい時を過ごしたかったと思います。そのため、病気のご家族をお持ちの方のお気持ちがよく分かります。私も、主人に少しでも体を楽にして、日々穏やかに過ごして欲しいと思っていました。

 

病気や怪我などで、手足がマヒしたり、関節が動かなくなったりすると、日常生活が急に不自由になり本人もご家族も大変な思いをします。少しでも体の機能を回復され、痛みやしびれ等の症状が楽になるよう、一所懸命マッサージをさせて頂きます。

 

また、運動で体力や免疫力をつけ、精神的にも前向きに心穏やかに、毎日を楽しく過ごしていただけますよう、ささえてまいります。

 

日々いろいろなことを勉強し、良い施術を行って皆様方に喜んでいただくことができるよう心がけて参りますので、よろしくお願いいたします。

 

髙橋さんは、鍼灸マッサージだけでなく、リフレクソロジーや美顔エステなど、多彩な能力を持っています。活躍が期待されます!皆様、今後ともよろしくお願い申し上げます。<(_ _)>