平成27年1月 基本を大事に、毎日こつこつ

「基本を大事に、毎日こつこつ」

 

 

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

ほほえみ治療院院長の上杉です。年末年始は、いかが過ごされましたか?

私は、大晦日から1月2日にかけて、実家に帰っておりました。奥さんは子供をつれて、東京の実家へと帰り、家族ばらばらのお正月を迎えました。別に仲が悪いわけでは、ありませんのでご安心ください。(^^;)

自分一人で、両親と過ごすと、またいつもとは違った感慨深いものがありまして、自分も子供の頃に帰ったような気持ちになりました。昔のことがよみがえり子供の頃、よくいろんないたずらをして、怒られていたなーと、家族しか知り得ない話でもりあがり、40歳過ぎても恥ずかしかったです。

もう、うちの両親も、70を過ぎておりますが、元気に暮らしております。父親の方は、まだ働きたいらしく、「70過ぎると電話面接で落とされる。」とぼやいておりました。

 

今年も、本当に良いお正月を過ごすことができましたが、いまから、3~4年ぐらい前は、こんな日が来るとは夢にも思っても見ませんでした。というのも、父親が大腸癌になり、手術の後みるみる体力を失い、日に日に痩せていき、家族全員がこれでおしまいと思いました。おかげさまで、一命をとりとめ、今ではこうして、大好きなお酒を飲める程まで回復しましたが、一時は、酒を飲みたくないなどとこぼし、周りをビックリさせていました。

 

父親の体調が回復し、またこうして、一緒に過ごすことができると忘れてしまいがちですが、この当たり前の生活がとっても大切なのだと改めて実感しています。ですから、今年は用事が無くても、実家にいって両親の顔を見てこようと思いました。

実は父親には、小さい頃から、怒られてばかりであまりよい印象は持ってなかったのです。しかし年を取ったせいか、お互い人間的にも丸くなり、余計なことはいわず、私も普段は飲まないお酒も楽しく酌み交わすことができました。また、こうして一緒に正月を迎えることができて、本当に良かったと想います。

この先、あと何回一緒にお正月を祝えるかわかりませんが、できるだけ、長生きしてその間は、元気でいて欲しいと願っています。そのため、実家に帰ると良くマッサージをしています。(^^;)

 

子供にとっては、いつまでたっても親は親、大切に思っています。また、親の気持ちはそれ以上と。大きなことはできませんが、できることをコツコツと積み重ねて毎日生きてゆきたいと思ったお正月でした。今年も、皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

自律神経を整える「ホットタオル健康法」

しばらく前から、自律神経を整えることは、大切だとニュースレターでお知らせしていましたが、じゃあいったいどうすればいいのかと?皆さん疑問に思っていたと思います。

方法は、いろいろありますので、今回は余り難しいことは言わず、簡単にできて、どこの家庭でもあるものを使ってできることを紹介して行きます。

 

冬になると、寒さで肩が縮こまり自然に猫背になって行きます。すると首の神経や血管を圧迫し肩こりとか、冷えとか、痛みとかいろんな症状が出てきます。頭から首には、もちろん自律神経という体の調子を整える仕事をしている神経も走っていますので、これが圧迫されると体のバランス機能が低下してしまいます。ホットタオルで気持ち良くバランスを整えてみましょう。

 

用意するもの、タオル、スーパーの豆腐や、肉、魚などを入れるビニール袋、以上2つです。タオルと、ビニール袋です。簡単ですね。タオルを水につけて、固めにしぼり、ビニール袋に入れて電子レンジで30秒から1分ほど温めます。熱いタオルが出てくる場合があるので、やけどに注意してください。お好きな温度になるよう加熱時間を調整してください。

 

+   +  チーン

 

温度を確認しやけどしない温度になったら、ビニール袋に入れたタオルをいれたまま、首筋に当てます。ふー、きもちいいー!すると体が温まって首や肩の筋肉が緩んできます。そうすると圧迫していた、神経や血管が解放され、体が楽になってきますよ。温度が下がってきたら、レンジで温めることで何度も、利用できます。首だけでなく、膝が痛いときは膝へ、腰が痛いときは腰へあてるとあら不思議、だんだんと楽になってきます。簡単ですから、ぜひやってみてくださいね。やけどには、くれぐれもご注意くださいませ。