平成26年10月 初めてのいねかり!

「初めて、稲刈りにいきました!」

 

こんにちは、ほほえみ治療院 院長の上杉です。平成26年9月28日(日)子供と一緒に新潟市主催の稲刈りに行ってきました。秋晴れのなか、親子共々、生まれて初めて稲刈りを体験しました。稲を刈っては束ね、はさばに干す迄の仕事です。なれない作業の連続でかなり疲れました。

 

テレビや新聞の取材、タレントの方や篠田新潟市長もおみえになり、賑やかに稲を刈ることができました。稲刈り中は、他のことは一切考えることなく、黙々と作業することに専念でき、とても気持ちがよかったです。うちの子供(赤い服の小学1年生)は、稲刈りもそこそこに、田んぼのイナゴとりに夢中になっておりました。(^^;)

 

農家の方に話を聞くと、むかし手で刈り取りをしていた頃は、家族で一反の田んぼを一日がかりで仕上げたそうです。日が暮れても、はさばに稲を干す作業がおわらずに、暗くなっても、家に帰られなくて、本当につらかったとか。今はいい時代になりましたね。

 

マッサージをしていると、若い頃、田畑でがんばって、足腰の曲がってしまった患者さんに会うことがあります。機械化のすすんだ現代では、想像もできないほどの、ご苦労をされたことと思います。今の私たちの生活が食べ物に困らないでいられるのは、過去にこうして一所懸命、田畑を耕してくれた人たちのおかげです。昔がんばった患者さんの体が少しでも楽になるように、心をこめてマッサージしています。

良いお天気に恵まれました。

稲刈り風景