どんな方が対象になりますか?

脳梗塞などの病気や、怪我などの後遺症で体にマヒや、拘縮があり自力では、歩行困難な方が対象となります。